代表挨拶/プロローグ

 

 みなさん、はじめまして。

合同会社ジダイグループ代表の上口です。

​ 私は1990年代央から2008年のリーマンショック時までドイツ銀行、ス

イス銀行といった外資系金融業界に所属しておりましたが、やはり「事業再生

経営改善」という今につながる仕事の基礎は、ゴールドマン・サックス時代に

培われたものであります。

 一時期「ハゲタカ」ともいわれてましたが、その仕事ぶりは「コツコツ」と

「ていねい」にバブル崩壊後の構造不況業種・斜陽化産業の再生に取り組んでい

ました。

熱海をはじめとする温泉旅館、バブル崩壊後のゴルフ場の再生などが一例です

が、地道に「財務精査」を行い、今までの日本にはない着眼点による事業再生を

手掛けてきたのを見て参りました。

また一方で、発想を変えた新規販売戦略、絶えずトップを攻略しにかかるその営

業手法は誠に「学ぶこと大」でした。

​        当社も基本的にはこの路線を踏襲しております。

​            世界のスタンダードと驚きと共に!

              お任せください!

            ・成熟産業・飽和産業

​            ・その他一般販売不振事業先

    (​社外取締役などの他業務があることから料金は安く設定できますが、一度に多くの顧客は無理です。

             しかしご連絡いただければ時間を見つけて必ず参ります。)

ではちょっとここでチェックしてみてください。今の御社はどの状態にちかいのか。

 

大丈夫です。次のステップに進むためのチェックシート程度にごらんください

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

皆さん自身もご自分が思っているほど「出遅れ組」ではないということを実感していただけたのではないかと思います。要は「過去」より「これからどう経営と取り組むか」です。

 

では次にそれぞれのケースごとの改善策及び留意点をチェックしてみてください。

これも「これからどう経営と取り組むか」に当たっての「過去の反省会」程度にお考え下さい

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

「軽傷・重症」「早い・遅い」のちがいは、御社が「勝ち組だけが知る経営改善」「販路拡大」路線に

乗るまでの時間の差程度にお考えいただき、ジダイグループの料金体系をご覧ください。

無駄なカネを払ってはいけません。うまくジダイグループをご利用ください。

 

 

 

 

 

「カネはなるべく払わず、会社を成長させる」は経営者の基本です。

世界のスタンダードを見たうえでともに成長していこうと思われる方、ご連絡お待ちしております。

​合同会社ジダイグループ 代表社員 上口 素司